603: 名無しさん@おーぷん 21/10/23(土)01:10:29 ID:Dw.qj.L1
婚姻届の証人欄を私の親が書きたいと言ってきたので、書いてもらった時が修羅場だった

証人欄に名前を書きたいというのは母たっての希望で、私が彼に伝えたところ「友達の証人をやったとき、次は俺が書いてもらうって話してた奴がいる。でもお義母さんがそう言ってくれてるなら」という話になった
私はその友達に書いてもらったほうがいいのではと話したんだけど、娘の結婚なんだから書きたいだろうということで母を優先してくれた



その日は結婚式の衣装を決めに行く日で、母は「婚姻届は挙式後に提出するけど、どうせ衣装決める日に娘を迎えに来るんだから、その時に書くだけ書いておけばいいじゃない」と言っていた
父が仕事で不在なので、どのみち彼の手元に記入した状態で渡るのは後日になる予定だった

彼が来てリビングに上げて、母も彼もテーブルについて、書く前にと緊張から私がトイレに立った
そしたらリビングから母の怒鳴り声が。何事かと思って急いで駆けつける間に、彼も怒鳴っていた

母「なんでお前たちの名前や住所も書いてないんだ!白紙に私たちが記入して捺印するのか!どれだけ非常識なんだ!」
彼「いや、これからお義母さんの前で2人で記入しようと思って…」
母「嘘つけ!わたしたちを騙すつもりだったんだろ!」
彼「だ、騙すってなんですか?」
母「直筆の署名捺印!これ持って闇金に行けば借金できる!私たちから金を盗るつもりだろ!!」
彼「そんなわけないでしょう!なら、これに私が署名捺印しますから闇金に持って行ってみてください!借りられるとは思えません!」
母「お前は世間知らずだからそんなことが言えるんだ!私は父親が闇金から金を借りて追われてたからわかる!」
彼「…まさか、そこまで信用されていないとは、心外です。今日はもうこのまま衣装を決めに行きます」

私、びっくりしすぎて見てることしかできなくて、慌てて彼を追った
車の中で謝りながら、きっともう、結婚してもらえないなー、私ならこんな親がいる相手と結婚したくないもんって思ってた
でも彼は「あれはひどいと思うけど、君は君だよ。謝る必要はない」と言ってくれた
そのまま衣装を決めに行って、何事もなかったかのようにニコニコしていてくれた

その後、父が間に入り、彼が謝罪をする形となってくれて、母も何故か泣きながら謝って一応は収まった
彼は謝る必要なんてないのに「あのお義母さんでは形だけでも俺が悪いことにしないと、君に何をするかわからないから」と言ってくれた
その後、すぐに家を出て、暫くしてから入籍した

今では過ぎた話だけど、あの頃はこんな修羅場がしょっちゅうあって、なのに見放さずに結婚してくれた彼には本当に感謝している
結婚してからも母の理不尽さにも彼は「君にとってたった1人の母親だから。俺はいいんだ」と言いながら付き合ってくれていたけど、最近は私が我慢ならないことがあり、親とは連絡を絶っている
少し時間がかかってしまったけど、彼と生まれてから子供のためにこのまま疎遠になるつもり

604: 名無しさん@おーぷん 21/10/23(土)01:52:22 ID:5j.hu.L1
普通に狂人だな

605: 名無しさん@おーぷん 21/10/23(土)06:44:14 ID:S5.p9.L3
>>603
お母さんの頭大丈夫?
疎遠にして正解
今の家族(夫と子ども)だけ大事にね

606: 名無しさん@おーぷん 21/10/23(土)07:48:05 ID:dX.yh.L1
>>603
大変な人だね
疎遠は勿論だけども永久に縁を切るべき相手

608: 名無しさん@おーぷん 21/10/23(土)15:18:33 ID:Dw.qj.L1
603だけど、私が子供の頃に難病になって母がつきっきりで介護して、その疲れから精神科に通うようになってさ
優しかった完璧人間の母をここまで壊してしまったのは私でもあるんだ
過干渉も本気の心配も混じってるし、人生コントロールしてくるのも心配が混じってる
ただ年々母の病状も悪くなってて、心配のない狂気部分が増してるから、距離を取ってる
私のせいだから、完全に縁を切ることができない
ただ情に流されるとまた取り込まれて気がついたらストレスで日常がままならなくなるので、厄落とし感覚で書いた
事情や原因がどうあれ、やっぱおかしいわって再認識できた

607: 名無しさん@おーぷん 21/10/23(土)10:37:43 ID:fg.yt.L23
娘がちゃんとした人と結婚して家出るのが気に入らんのだろうね…
関わるだけ人生邪魔される

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その29】





注目記事のご紹介





この記事をツイートする この記事をはてブする