1: ニライカナイφ ★ 2018/08/06(月) 11:39:07.91 ID:CAP_USER9
◆パパは誰?男性に知られず出生前鑑定、増える利用

妊娠中の女性の血液を使って、おなかの中の胎児の父親が誰かを妊娠初期からDNAで鑑定できるサービスが波紋を広げている。

男性側には一切知られずに検査できるため、安易な中絶を助長するとの批判がある半面、女性が妊娠を継続するための重要な判断材料になるとの声もある。
バイオテクノロジーの発展が、利便性を高めるとともに新たな問題も生み出している。

「これで検査してもらえますか」
7月上旬、都内の幹線道路沿いにあるビルの2階。その女性は焦った様子でこう言いながら、検査会社の職員に小さな紙袋を手渡した。
中には血液が入った採血管と、男性側の検体と思われる綿棒。

「出生前親子鑑定」を受けるのだという。
「郵送だと時間がもったいない」と女性。
最短5日で結果が出ると聞くと足早に去って行った。